スポンサーサイト

長崎旅行の宿決定。

長崎旅行を決めたら宿探しと言う事で何処に泊まろうかと妻と話ながら妻の意見を重視して決めましたよ。一日目は、とにかく本格的な温泉に入りたいと言う事で長崎の温泉地と言えば雲仙だと思い探しました。雲仙温泉か小浜温泉かで悩んだ結果、小浜温泉の伊勢屋旅館に決めました。小浜温泉 伊勢屋旅館露天風呂からの海の眺めも最高そうで温泉も小浜温泉は最高みたいだったのが妻の決め手でした。伊勢屋旅館の風呂は、斎藤茂吉の湯と...

年末に長崎旅行。

来年から娘を保育園に通わせ、妻も働きに出る予定で大きく休みを使える事も減るだろうなと思い年末に旅行に行く事にしました。ちょこちょこ旅行には行ってますけど本格的に旅行するに当たって何処が良いかなと妻と話して決めたのは長崎ですかね。遠いので二泊三日で行く予定で考えてます。色々、候補としては伊勢や東京や京都も考えたのですけど長崎って修学旅行以来行ったこともないですし覚えてないので初めて行くに近いので決定...

忠臣蔵の町、赤穂市。~赤穂海浜公園~

かましまで遅いお昼を食べて次に向かったのは赤穂海浜公園と言う場所でした。赤穂市の事を調べていて子供が遊べる場所で入場料も掛からないとの事でしたので行ってみようと思ってたんですよね。赤穂海浜公園のホームページ赤穂城からは、すぐ近くで10分程で行く事が出来ました。赤穂海浜公園へ着いて中に入ると赤穂海浜公園の広さにビックリしましたよ。とにかく広大で色々なエリアがあって、それぞれが広くて妻は歩くのを嫌がっ...

忠臣蔵の街、赤穂市。~大石神社~

赤穂城の中には大石神社と言う赤穂浪士を祀った神社が有るんですよね。元々は忠臣蔵の大石内蔵助の家だった所を神社にしたみたいです。歴史としては、赤穂事件以降、赤穂浪士を称揚する人々によって旧赤穂城内の大石邸内に小さな祠が設けられ密かに祀られていた。1900年(明治33年)、あらためて「大石神社」として神社を創建することが政府から許可され、1910年(明治43年)4月に起工、1912年(大正元年)に社殿が竣工した。1928...

忠臣蔵の町、赤穂市。~赤穂城跡~

休みの日に私の両親を連れてドライブに行く事にしました。目的地は、忠臣蔵で有名な赤穂市にしたんですよね。意外に渡しの両親も行った事がなく、私も行った事がなかったので良いドライブ距離でも有りましたので赤穂市に行く事に決めたんですよね。後、赤穂市は塩でも有名ですよね。そんな訳で最初に行ったのは当然その町のシンボルたるお城ですね。赤穂城は、浅野長直の指示によって慶安元年(1648)から13年の歳月をかけて...

忘れた頃に届きました。

先月に妻のお義父さんと一緒に旅行した時の二日目に行った出石市の絵付けした出石焼きが届きましたよ。忘れた頃に来るかなと思っていましたけど意外に早く来たなと言う感じですかね。一瞬、何が来たのかなとは思いましたけど送り先の住所で直ぐに分かったんですよね。そしてちょっと期待しながら開けてみましたよ。湯飲みが私で小皿を妻が絵付けしたのですけど下手くそでした。焼いたら少しは良くなるかなと期待していたのですけど...

白山洞門、万次郎足湯展望台、足摺海底館。

三十八番札所の足摺山を後にして、と言うより直ぐ側にある万次郎足湯展望台へ向かいました。ここは白山洞門の展望台を兼ねた足湯で景色は最高でしたよ。と言っても晴れてれば、もっと良い景色だったのでしょうけどね。白山洞門展望万次郎足湯雨も小雨になって見張らしは最高でしたし足湯も気持ち良かったですね。勿論、白山洞門には歩いて行けるみたいでしたけど、遠くからの眺めで十分でした。そして足摺岬を後にして次に向かった...

四国八十八ヶ所 三十八番札所 足摺山。

足摺岬の灯台を満喫して次に寄った場所は四国八十八ヶ所の三十八番札所の足摺山のお寺ですかね。と言っても足摺岬の灯台の場所に有って灯台を見る前から帰りに寄ろうかと妻と話ながら歩いていたんですよね。今まで何度となく四国には行ってますけど八十八ヶ所のお寺に行くのは初めてでしたよ。お遍路さんも多くいましたし、ちょっと巡礼ぽかったですかね。中は凄く重厚な感じで格式の高そうだなと感じるお寺でしたよ。とても不思議...

翌朝は足摺岬へ。

しっかり食べて、しっかり寝て朝食も美味しく頂きましたよ。朝御飯も美味しかったのですけど相変わらず写真は撮り忘れてしまいました。まぁ、お腹いっぱい朝御飯も食べて娘も元気満々でしたけどね。しかし天気は朝から雨が降っていて悲しい天気でしたけどね。とりあえず宿を後にして宿から直ぐの場所で雨の景色を眺めてみましたよ。晴れてたら絶対に綺麗な景色なんだろうなと思いますけど雨でも凄く迫力のある景色でしたよ。そして...

民宿青岬の晩御飯。

高知県の足摺岬の民宿青岬に着いて一番の楽しみと言えば晩御飯だったんですよね。料理目当てで決めたと言っても過言ではなかったのですからね。とりあえず到着して娘と風呂に入って1時間位ゆっくりして晩御飯になりましたよ。やっぱり民宿は料理が沢山で豪勢でしたよ。刺身も新鮮でとても美味しかったですね。写真を撮り忘れましたけど鰹のタタキの小鉢も出てきましたからね。まぁ、とにかく刺身が美味しかったですね。刺身はシマ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。